外壁塗装で綺麗に蘇らせよう~塗装で建物美っくり大変身~

一軒家

ダニやカビを防げる

修理

近年多くの人に注目されている外壁の種類として、漆喰や珪藻土の外壁が挙げられます。漆喰や珪藻土の外壁は、塗料を壁に塗布する塗り壁によって作成することができます。塗り壁材として漆喰や珪藻土が人気である理由は、なんといっても調湿性や結露防止など、家の湿度を調整する機能が得られるという点にあります。室内の湿度が高くなると、カビやダニの発生によって健康被害がもたらされるという問題が現れます。カビの発する胞子やダニの死骸は、アレルギー反応を起こしやすい物質となっています。これらの問題を放置すると、ハウスシック症候群やアトピーなどの症状に苛まれることとなるので、家の調湿は安心して家に住む上で重要なことといえます。塗り壁材として漆喰や珪藻土を使用すると、塗り壁材が木材のように余分な湿気を吸収してくれるので、カビやダニが繁殖することを防ぐことができるでしょう。また、冬場などの乾燥しやすい時期では、余分に含まれた湿気を放出するので、冬場の風邪防止にも高い効果を発揮するでしょう。

漆喰や珪藻土での塗り壁は、専門の会社に依頼することで綺麗に塗ってもらうことができるでしょう。市販されている塗り壁材を使って自分で塗装することもできますが、手間を掛けずより綺麗に仕上げたいと考えているのであれば、塗り壁などの施行を行なう会社に依頼するのがベストとなるでしょう。最近では塗り壁での弱点である汚れにも強い塗り壁材が開発されているので、素材の特性などもきちんとチェックし塗装をお願いしましょう。